■利用規約

[第1条]規約の適用

「トランスコスモス財団奨学生交流サイト利用規約」(以下、「利用規約」といいます。)は、公益財団法人 トランスコスモス財団(以下、「当財団」といいます。)がする「トランスコスモス財団奨学生交流サイト専用サービス」(以下、「本サービス」といいます。)の利用に対して適用されます。

2.利用規約とは別に当財団が別途定める奨学生に関する規定(以下、「諸規定」といいます)は、それぞれ利用規約の一部を構成するものとします。

3.利用規約の規定と前項の諸規定の内容が異なる場合には、諸規定の内容が優先して適用されるものとします。


[第2条]規約の変更

当財団は会員の了解を得ることなく利用規約を変更することがあります。この場合に、本サービスの利用条件は、変更後の利用規約によるものとします。

2.変更後の利用規約は、当財団が別途定める場合を除き、当財団のホームページ上に表示した時点より、効力を生じるものとします。


[第3条]会員の資格

会員の資格条件は以下の各号のとおりとします。

(1)当財団の奨学生である者
(2)過去に当財団の奨学生で、当財団が許可した者


[第4条]当財団からの通知

当財団は、本サービスでの掲示や電子メールの送付、その他当財団が適当と判断する方法により、会員に対し、随時必要な事項を通知します。

2.前項の通知は、当財団が当該通知を当財団の本サービス上または電子メールで行った場合は、本サービス上に掲示、または電子メールを発送した時点より効力を発するものとします。


[第5条]会員登録

本サービスをご利用にあたり会員登録が必要です。

2.会員とは、利用規約に同意の上、所定の方法により、当財団が提供する会員サービスの利用登録を行ったユーザーをいいます。

3.会員の登録に際しては、会員ご自身に関する真実かつ正確な情報を入力し、当財団に送信していただきます。

4.前項の登録情報が常に真実かつ正確な内容を反映するものであるように、会員ご自身で確認の上、変更があった場合には所定の手続きにより速やかに変更して下さい。万一、上記に違反した場合または真実かつ正確なデータが提供されていないと当会判断した場合には、当財団は、当該会員IDを削除し、将来に渡って本サービスの利用をお断りする事があります。

5.会員は、当財団が許可した場合を除き、1人につき1つの会員IDのみを保有できることとします。会員IDを取得するために登録されたメールアドレス、その他の情報は正確かつ合法でなければいけません。

6.当財団が、会員に対して通知を行う必要がある場合には、登録情報のうちのメールアドレスに対する電子メールによる通知を行います。

7.会員が正確な登録情報を入力せず、または変更手続きを行っていない事により、会員に不利益または損害が生じたとしても、当財団はいかなる責任も負いません。


[第6条]会員IDおよびパスワード管理

会員は、会員登録時にメールアドレスとパスワードの登録が必要となります。

2.会員は、パスワードを他人に推知されないよう、適宜変更するなどして自己の責任で管理するものとします。パスワードの第三者による不正使用により会員に不利益または損害が発生したとしても、当会は一切の責任を負わず、賠償はいたしかねます。

3.会員は、会員登録時に登録したパスワードを第三者に使用させる事は出来ません。

4.会員が前2項に違反したことにより当財団ないし第三者に損害を与えた場合には、当該会員が一切の責任を負うものとします。

5.会員は、IDとパスワードの使用および管理について責任を負うと共に、使用上の過誤または第三者による不正使用等について、当財団が一切その責任を負わない事に同意するものとします。


[第7条]会員資格の取消

当財団は、会員が以下の各号の1つにでも該当すると判断した場合には、会員に対して何らかの通知を行い、会員としての資格を取り消す事があります。

(1)会員登録内容に虚偽がある事が判明した場合。
(2)パスワードを不正に使用した場合。
(3)当財団の提供する情報を不正に使用した場合。
(4)利用規約に反する行為があった場合。
(5)会員が登録情報に虚偽の事実を登録した場合。
(6)会員の行為が本サービスの提供に支障を来たすものと当財団が判断した場合。


[第8条]ご利用環境等

会員は、本サービス利用にあたり、自己の費用と責任において通信機器・ソフトウェア・公衆回線など会員側環境として必要なものを用意するものとします。これらの環境に起因して本サービスのご利用に支障が発生した場合、及びそれらがもたらす諸影響に関して、当財団は一切責任を負いません。


[第9条]会員の自己責任

会員が本サービスを利用するにあたり、自ら行った行為及び自己のID等によりなされた一切の行為、及びそれらの結果について、自らの行為の有無、過失の有無を問わずその責任を負担するものとします。また、本サービスを利用にあたり、第三者に損害を与えた場合、会員は自己の責任と負担において当該第三者との紛争を解決するものとします。会員が利用規約に違反して当財団に損害を与えた場合、当財団は当該会員に対して被った全ての損害の賠償を請求することができるものとします。


[第10条]権利の譲渡禁止

会員は、本サービスを受ける事が出来る権利を、当財団の事前の同意を得ることなく第三者に譲渡および貸与してはならないものとします。


[第11条]退会

本サービスは、会員が任意で利用を停止することができます。当財団が別途定める手続きにおいて、これを受け付けるものとします。

2.前項の規定に関わらず、原則、当財団の奨学生である者の退会は認められません。


[第12条]個人情報の保護

当財団は、会員が登録する個人情報を適切に保護し、当財団が定める「個人情報保護に関する基本方針」を遵守します。


[第13条]登録情報の開示

会員が、登録またはサービスを利用する過程において当会が知り得た情報に関し、当財団および当財団以外に利用者の個人情報を開示することは原則としていたしません。


2.以下の各号に該当する場合において、個人情報を開示する事があります。

(1)会員が、個人情報の開示に同意している場合。
(2)法令により開示を求められた場合。
(3)当財団が、本サービスの利用動向の分析のため収集した統計個人情報(個人を特定できない情報等)を開示する場合。

3.本サービスに関連して、当財団が提供する各種サービスを会員が利用する際に、個人情報を利用する場合があります。これら利用については当会が定める「個人情報保護に関する基本方針」に則り行います。

4.登録情報に変更があった場合、会員は速やかにオンラインで登録情報の変更を行うものとします。会員による登録情報の変更不備、あるいは誤りが原因で、本サービス利用上の支障もしくは損害が生じても当財団は一切責任を負わないものとします。


[第14条]本サービスに関するシステム内容の変更

当財団は、本サービスの運営、登録に関するシステムや内容の変更が必要であると判断した場合には事前に通知することなく必要な変更を行ないます。


[第15条]サービスの中止・中断

当財団は、以下の各号に該当する場合、予告無く本サービスの運営を中止または中断できるものとします。この場合に会員に生じた損害について、当財団は一切責任を負わないものとします。

(1)本サービスのシステムの保守を定期的に又は緊急に行う場合。
(2)戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供が通常どおりできなくなった場合。
(3)その他、当財団が、本サービスの運営上、一時的な中断が必要と判断した場合。


[第16条]禁止事項

会員は、本サービスの利用にあたって、以下の各号に該当する場合の行為を行ってはならないものとします。

(1)他の会員、第三者もしくは当会の著作権、財産権、プライバシー又はその他の権利を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
(2)前項の他、他の会員、第三者もしくは当会に不利益又は損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為。
(3)他の会員、第三者もしくは当財団を誹謗中傷する行為。
(4)公序良俗に反する行為、又はそのおそれのある行為、もしくは公序良俗に反する情報を他の会員又は第三者に提供する行為。
(5)犯罪的行為、又は犯罪的行為に結び付く行為、もしくはそのおそれのある行為。
(6)選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類する行為。
(7)性風俗、宗教、政治に関する活動。
(8)当財団の承諾なく、本サービスを通じて、又は本サービスに関連して、営利を目的とした行為、又はその準備を目的とした行為。
(9)会員ID及びパスワードを不正に使用する行為。
(10)コンピュータウィルス等の有害なプログラムを本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、もしくは提供する行為。
(11)法令に違反する、又は違反するおそれのある行為。
(12)その他、当財団が不適切と判断する行為。


[第17条]損害賠償の請求

会員が利用規約に反した行為または不正もしくは違法に本サービスを利用することにより、当会に損害を与えた場合、当財団は該当会員に対して相応の損害賠償の請求(弁護士費用を含む)を行う場合があるものとします。


[第18条]管轄裁判所

本サービスに関連して、会員と当財団との間で紛争が生じた場合には、当事者間において誠意をもって協議し、解決するものとします。

2.前項によっても解決しない場合、当財団指定の地方裁判所または簡易裁判所を合意管轄裁判所とします。


[附則]

(1)利用規約は、日本標準時2011年11月1日 午前0時より有効とします。
(2)この規約は平成29年4月1日一部変更施行する。
: